Valveは、同社の人気MOBA『Dota 2』について、公式ブログ上にて、同作へと初心者向けの改善アップデートを導入したと発表しています。

アナウンスでは、『Dota 2』の最も満足できる瞬間の幾つかはプレイ開始初期、複雑な戦略が自身の周りで展開されていることに気づいた時などであり、また以前は初心者に不要な課題を与えてしまった、として2つの機能を導入したと発表。

そのうちの1つはゲーム開始25試合以内は、本来総計100人を優に超える同作のヒーローの数を、20人に限定する内容。海外メディアEurogamerによれば、20人の内訳は下記の通りです。
・Axe
・Clinkz
・Ogre Magi
・Dragon Knight
・Juggernaut
・Sven
・Zeus
・Lich
・Lion
・Shadow Shaman
・Sniper
・Wraith King
・Death Prophet
・Bristleback
・Phantom Assassin
・Tidehunter
・Luna
・Jakiro
・Viper
・Witch Doctor
そしてもう1つは「良いソーシャル体験を初心者に与えるため」に、良好な行動の実績を有する事を示す高いビヘイビアスコアを持つ、適度な技術力を持ったマナーの良いプレイヤーと初心者をマッチングさせるというもの。対戦ゲーム、特にMOBAにおいては“初心者離れ”が起こることもあるため、この施策が熟練したプレイヤー側の理解の下、初心者に対して有効に機能していくことに期待しましょう。

『Dota 2』はSteamにてWindows/Mac/Linux向けに無料配信中です。

UPDATE(2017/08/09 13:22): 本文を一部訂正しました。コメント欄でのご報告、ありがとうございました。