Chucklefishは、ConcernedApeが手がける農業生活シミュレーション『Stardew Valley』のPC版マルチプレイヤーテストが2017年末から開始予定と発表し、このモードの新情報を公開しました。

公開された情報によれば、マルチプレイヤーのプレイにはサーバーをセットアップする必要はなく、Steam版であればSteamの機能を介して友人を自身の農場へと招待可能とのこと。また、マルチプレイヤーの導入以降、ゲーム開始直後にロビンがプレイヤーに3つのキャビンの建設を提案するようになるようで、このキャビンそれぞれに、招待したプレイヤーが滞在する仕組みとなる模様です。


各々のプレイヤーは、眠るタイミングやフェスティバルの開始と終了の時期の設定などの一部を除いて、NPCとの結婚を含むほぼ全てをシングルプレイヤーと同じように行え、インベントリも各プレイヤー毎に別のものとなります。また、非常に多いリクエストに応えるため、プレイヤー同士の結婚についてもサポートされる予定であるとしています。このプレイヤー同士の結婚の方法は人魚のペンダントを使用するものでは無く、詳しい仕様は作成中であるとのことです。

なお、ローカルマルチプレイヤー、スプリットスクリーン、PvPについては本発表段階では予定されていません。


マルチプレイヤーは以前よりPC版に最初に導入されることが発表されており、各Mod作者への対応期間を兼ねたベータテストの形で2017年末より開放され、2018年初旬にWindows/Mac/Linux向けにバージョン1.3パッチとして正式実装となる見込み。各コンシューマ機版については、その後アップデートにて順次実装の予定です。