ドイツのインディーデベロッパーGoodwolf Studioは、同スタジオが開発中のハッキングテキストアドベンチャー『Code 7』配信日を現地時間8月11日に決定しました。

本作は、ハッキングゲームプレイとユニークなナラティブ体験を組み合わせた作品です。プレイヤーは、邪悪なAIと対峙するハッカーのAlexとして、電子メール、ドキュメント、ログから情報を収集したり、保護されたコンピュータをハックしたりしつつ、パートナーをナビゲートしていきます。

複数のエピソード配信形式となる『Code 7』では、エピソードごとに新キャラクターと協力することになります。また、プレイヤーはゲーム中、重要な決断を迫られる場合があり、それが後のストーリーに影響を与えるだけでなく、キャラクターがプレイヤーを友、あるいは敵とみなし、エピソード5のフィナーレが変更されるとのことです。

『Code 7』はWindows/Mac/Linuxを対象に海外で8月11日発売予定(国内解禁日8月12日)。Steamストアページによれば日本語対応はしていませんが、テキストだけでなく、音声も搭載。公式サイトではエピソード0が無料配信中です。