GameGrin: 95/100
もしあなたが怒り狂ったエイリアンでいっぱいのアクション志向なゲームがしたい気分なら、『Tacoma』はスルーしたいかもしれない。しかし、巧みに語られた素晴らしいストーリーを求めるなら、その欲求は解消され、『Tacoma』をゲットするだろう。『Tacoma』はどのようなものが求められているかを知っており、完全にことを成している。Critical Hit: 85/100


IGN: 85/100
『Tacoma』は、8人のキャラクターをフィーチャーし、それら全てを比較的短時間のゲームで面白くするという課題を上手く乗り切った。『Tacoma』のエキサイティングなイベントを学ぶためにシーケンス外のARレコーディングを使用するのは、会話のあらゆる面を見る独特の方法であり、それこそ私が見てみたいと思うものだ。美しいステーションの多くを探索するきっかけとして、更なる時間とイベントがあればきっと感謝していたことだろう。しかし、魅力的な仮想空間の未来で体験したその時間は、素晴らしいものだった。
Game Informer: 83/100


GamesRadar+: 80/100


Polygon: 70/100
ストーリーはプレイバックメカニックにより構成され、このステーションで本当に起こっていることを繊細に表現している。しかし、プレイバックシステムは、耳を傾けるべき話がたくさんあり、目を凝らすべきワイヤーフレームがたくさんあることを意味している。放棄された宇宙ステーションのために、『Tacoma』はたくさんの繋がりを与えてくれた。しかし、私が宇宙にたった一人でいると認めた瞬間は脳裏に焼き付いている。
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『Gone Home』で知られるFullbright Companyが開発を務めた『Tacoma』の海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは78点(総レビュー32件)。ストーリーが高く評価されています。しかし、時としてフレームレートに問題があるとも指摘がありました。

『Tacoma』は 1,980円/19.99ドルで、Steam/GoG.com/Microsoft Storeで配信中。なお、各ストアでは日本語表示への対応もされています。