Tango Gameworksが開発し、Bethesda Softworksより発売予定のサバイバルホラーシリーズ最新作『サイコブレイク 2(The Evil Within 2)』。本作のカスタマイズやクラフトについての詳細が公式サイトにて公開されています。

本作では、主人公のセバスチャンだけでなく、装備をより自在にカスタマイズ可能で、前作と異なり、グリーンジェルが必要になるのはセバスチャンのアップグレードのみに。その代わり、武器のアップグレードには「ギア」を使用するようになります。

セバスチャン自身のカスタマイズは5つのカテゴリに分類され、「回復アイテムによるライフ回復量増加」「射撃時の照準ブレ軽減」といったパラメーターアップグレードなどが含まれます。また、大量のグリーンジェルを消費すれば、スペシャルアビリティをアンロック可能。

例えば、戦闘能力系に物資を投入すれば、「バレットコンボ」というアビリティをアンロックできます。これは一定時間、弾丸の威力が徐々に上昇していくアビリティで、一定時間の経過もしくは弾切れによって効果が終了します。探索が楽になるスキルではありますが、アクティブスキルのアンロックには、重要なパッシブスキルのアップグレードを犠牲にして、必要な物資をたくわえなければいけないという難点があります。

■アップグレードの一例体力:通常であれば死亡するような攻撃でも、グリーンジェルで強化することで、切り抜けることができます。また、グリーンジェル使用によりセバスチャンのライフゲージも増加します。スニーク:しゃがんだ状態での移動速度の上昇に加え、身を隠しながら敵の背後へ回り込んでスニークキルができるようになります。戦闘能力:セバスチャンをやや荒っぽいタイプに強化したければ、戦闘能力をアップグレードしましょう。敵に与える近接攻撃ダメージが増加したり、射撃時の反動が減少したりします。回復力:この悪夢の世界で生き延びることに難しさを感じる場合には、回復力のアップグレードがおすすめです。瀕死状態でじっとしていれば回復速度が上昇するほか、致命傷を負った際に自動で回復剤が使用されたりします。身体能力:行動的なセバスチャンに育てるなら、身体能力をアップグレードしましょう。スタミナゲージが増加したり、特定の攻撃を自動回避できたりします。また、ハンドガンやショットガンといった武器をカスタマイズすると、攻撃力、装填数、リロード時間、連射速度を向上できます。ウォーデン・クロスボウのアップグレードは銃とは大きく異なるそうですが、クロスボウにギアを使用すると、射程の延長、照準合わせの所要時間短縮、特定のボルト(矢)のパラメーター変更などが可能になります。煙幕ボルトには攪乱効果、ショックボルトにはしびれ効果があり、ハープーンボルトやマインボルトの破壊力が備わっています。

クラフト要素については、探索過程で入手したアイテムを、セーブルーム内、またはユニオン探索中に見つかるクラフト台まで持って行くと、さまざまな武器の弾薬や回復アイテムにできます。探索で弾薬そのものが見つかる場合もありますが、レアアイテムで、自分のよく使う武器に使用できるタイプとは限りません。クラフト台を使わず、その場で簡易クラフトもできるものの、クラフト台でのクラフトより多くの物資を消費してしまうそうです。

『サイコブレイク2』はPS4/Xbox One/PCを対象に、国内で2017年10月19日発売予定です。