19世紀後半のアメリカ西部、未開の地フロンティアを開拓していた西部開拓時代。今昔の映画やドラマで何度も描かれてきた時代ですが、西部劇を扱ったゲームはあまり多くありませんでした。しかし近年、にわかにゲーム業界でこの時代をテーマにした「西部劇」ゲームが熱を帯びつつあります。そこで、本記事では、ならず者やカウボーイたちが活躍する「西部劇ゲーム」を10タイトルご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『Red Dead』シリーズ(Xbox/PS2/PS3/Xbox 360)
パブリッシャー: Rockstar Games デベロッパー: Rockstar San Diego

「西部劇ゲーム」と聞いて多くのユーザーが思い浮かべるであろう作品はRockstarの名作オープンワールド『Red Dead Redemption』(2010年)かもしれません。壮大な世界、劇的なストーリー、意欲的なマルチプレイヤー、ゾンビが出てくる仰天DLCなどが世界中のゲーマーの心をいまなお掴んでいます。

本作は『Grand Theft Auto』シリーズで知られるRockstar Northではなく、Rockstar San Diegoが開発しており、『Red Dead Redemption』以前には、『Red Dead Revolver』(2004年)も制作していました。なお、現在は最新作『Red Dead Redemption 2』が開発中。2018年春へと延期してしまいましたが、シリーズはまだまだ続いていきます。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ(PC/PS3/Xbox 360)
パブリッシャー: Ubisoft デベロッパー: Techland

2006年に生まれたゲームシリーズ『Call of Juarez』は、ガンスリンガーの感覚が味わえるFPSタイトル。第1作目は、メキシコ国境付近、テキサス州の街を舞台にしているほか、2011年発売の第3作目『Call of Juarez: The Cartel』は現代が描かれるなど時代の振り幅が非常に広いのが特徴です。現時点での最新作である『Call of Juarez: Gunslinger』(2013年)では、クラシックな西部劇へと回帰し、「ビリー・ザ・キッド」などを始めとする伝説的な人物と共闘できます。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『Wild West Online』(PC)
パブリッシャー: 612 Games デベロッパー: 612 Games

612 Gamesが開発中の西部劇タイトル『Wild West Online』は、同ジャンル作品としては非常に珍しいMMORPGゲームです。プレイヤーは、賞金稼ぎとして荒野をさすらい、凶悪な賞金首を襲撃できる一方、アウトローになって法を破ることも可能。また、ギャンブルに興じれたりと様々な遊び方が用意されています。記事執筆時点では2017年末に正式リリース予定です。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『GUN』(PC/PS2/Xbox/GameCube/Xbox 360/PSP/PC)
パブリッシャー: Activision デベロッパー: Neversoft

西部劇ゲーム『GUN』は、プレイヤーの行動によって変化する広大な世界が備わったアクションアドベンチャー。主人公Colton Whiteの復讐劇が展開する本作ですが、作中では実在したとされるガンマンも登場します。ミッション内容は騎乗での戦闘、列車の乗っ取り、バッファロー狩りなどが用意されており、敵を盾にするアクションも搭載。日本語版はないものの、Steamで気軽にプレイ可能です。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『サムライウエスタン 活劇侍道』(PS2)
パブリッシャー: スパイク(現スパイク・チュンソフト)デベロッパー: アクワイア

アクワイアが2005年に開発した本作は、サムライが19世紀アメリカ西部のとある村を訪れるという、日本のゲーム会社らしさが感じられるアクションゲーム。プレイヤーは、兄を探しにやってきたサムライ「ゴウジロウ」を操作しますが、本作のユニークな点は、こちら側が刀を使用するのに対し、敵は銃を使ってくることです(協力プレイ時、2Pは銃を使える)。ゴウジロウは敵の弾丸を弾くことができるほか、貯まった特定のゲージを消費することで、雑魚敵を一撃で倒し続けられるようになります。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『Mad Dog McCree』(アーケード/MS-DOS/3DS/PS3など)
パブリッシャー: American Laser Games デベロッパー: American Laser Games

本作は、アーケードやMS-DOSなどでプレイできたガンシューティングゲーム。後にはiOSやWii/3DS/PS3などにも移植リリースされました。ゲーム映像が実写であることや、どちらの道を進むのか、といったいわゆるルート選択が搭載されている意欲作です。ライフ制で、敵に撃たれたり、市民を誤射するなどすると、ライフが減っていきます。ちなみに、タイトルの「マッドドッグ・マックリー」は、作中で主人公の前に立ちはだかるボスの名前です。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『Darkwatch: Curse of the West』(PS2/Xbox)
パブリッシャー: Capcom(北米)、Ubisoft(欧州) デベロッパー: High Moon Studios

『Darkwatch: Curse of the West』は、絶対数が少ない西部劇ゲームのなかでもさらに数が少ないであろう、ホラーテイストを持つFPSタイトルです。物語の展開上、主人公が徐々に吸血鬼になっていく今作では、電撃を放つといったおよそ人間には扱えないような特殊能力が使えるようになります。しかしその一方で、太陽が出ている間は能力が制限され、人間として戦わなければならないユニークな要素も備わっています。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『Oddworld: Stranger's Wrath』(Xbox/PC/PS3/iOS/Androidなど)
パブリッシャー: Oddworld Inhabitants デベロッパー: Oddworld Inhabitants

『エイブ・ア・ゴーゴー』シリーズ作品として、2005年にリリースされた『Oddworld: Stranger's Wrath』(日本語版未発売)は、「Stranger」と呼ばれるバウンティハンターを操作して、アウトローたちを捕獲していくアクションシューターで、1人称/3人称視点で楽しめます。地球ではない、オッドワールドという世界が舞台なので、アメリカの西部開拓時代を取り扱っておらず、厳密には「西部劇」ゲームとは言えないかもしれませんが、作中の雰囲気やキャラクターデザインからは「西部劇」らしさが感じられます。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『ワイルドアームズ』シリーズ(PS/PS2/PS3など)
パブリッシャー: ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント) デベロッパー: メディア・ビジョン

「西部劇」的世界設定をモチーフにファンタジー要素を加えた『ワイルドアームズ』シリーズは、当時のSCEから発売されたターンベースのRPG。こちらも、『Oddworld: Stranger's Wrath』と同じように、純粋な「西部劇」ゲームではありませんが、その独特な雰囲気は"一遊"の価値アリ。「ちょっと違う西部劇」ゲームが遊びたいのであれば今作がいいかもしれません。また、特撮を始めとする他分野の小ネタが数多く見られるのも特徴的となっています。ちなみに、現在はグリーとフォワードワークスがスマホ向けの新作を共同開発中です。


◆ 目次
1P:『Red Dead』シリーズ
2P:『コール・オブ・ファレス(Call of Juarez)』シリーズ
3P:『Wild West Online』
4P:『GUN』
5P:『サムライウエスタン 活劇侍道』
6P:『Mad Dog McCree』
7P:『Darkwatch: Curse of the West』
8P:『Oddworld: Stranger's Wrath』
9P:『ワイルドアームズ』シリーズ
10P:『Red Steel 2』

■『Red Steel 2』(Wii)
パブリッシャー: Ubisoft デベロッパー: Ubisoft

UbisoftがWiiモーションプラス専用タイトルとして2010年に発売した『Red Steel 2』は、『サムライウエスタン 活劇侍道』のようにサムライと西部劇を融合させた1人称視点のチャンバラアクションゲーム。「和洋折衷」な世界設定が魅力で、西部開拓時代よりも技術は発達しているものの、ネバダを舞台にしているだけあって随所に「らしさ」が感じられます。プレイヤーは刀で敵を斬り捨てられるほか、銃を使うことも可能で、直感的なプレイが楽しめました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
以上、『西部劇ゲーム』10選をお届けしましたが、いかがだったでしょうか。本記事で紹介した『Red Dead Redemption 2』や『Wild West Online』のように、未発売の期待作から、サムライと西部劇を混ぜちゃった『サムライウエスタン 活劇侍道』という変わり種まで、絶対数が少ないにもかかわらず「西部劇ゲーム」は非常に面白いタイトルに溢れています。

そのゲームタイトルの少なさを鑑みれば、「西部劇ゲーム」は、メインストリームにはなってはいない、と言えるのかもしれませんが、多くのゲーマーが待っているジャンルであるのも事実。今後、「西部劇ゲーム」が金塊の如く、ザクザクと出てくることに期待したいですね。

また、本記事で挙げられなかった作品があったり、「西部劇ゲーム」は全然少なくないぞ!という方がいましたら、ぜひコメント欄にお寄せください。