誠文堂新光社のレーベル「G-NOVELS」は、CD PROJEKT REDが開発したRPG『ウィッチャー』シリーズコミカライズ版の邦訳を決定しました。

累計販売本数2500万本突破の傑作RPG『ウィッチャー』のコミカライズ版邦訳決定! 第1巻は2017年11月発売予定! 続く2巻3巻は2018年春・夏発売予定! 1巻のカバーアートは、ヘル・ボーイのマイク・ミニョーラが描いています! お楽しみに! 原書をぱしゃり。 pic.twitter.com/MSxYy3enU0— G-NOVELS (@GNOVELS_BOOK) 2017年8月9日
G-NOVELSのTwitterアカウントによると、第1巻は2017年11月に、 続く2巻3巻は2018年春/夏にそれぞれ発売予定とのこと。また、1巻のカバーアートは、映画化もされた人気コミック「ヘル・ボーイ」で有名なマイク・ミニョーラが担当しています。

こちら翻訳を監修させていただくことになりました。また1つウィッチャーの作品が日本語で楽しめるようになります! https://t.co/Ub4H1qnElM— 本間 覚(フォース) (@homma_force) 2017年8月9日

さらに、邦訳版出版にあたっては、CD PROJEKT REDのジャパン・カントリー・マネージャー本間覚氏が翻訳を監修することも明らかになっています。