今年2月に発表されたCoconut Games手がける新作オープンワールドサバイバル、『The Day After: Origins』のKickstarterキャンペーンがスタートしました。

<video width="640" height="360" src="https://ksr-video.imgix.net/projects/3039535/video-804349-h264_high.mp4"" controls muted></video>
本作はストーリー主導のオープンワールドアクションゲームで、感染者を突然変異させる細菌によって壊滅状態となった混沌の街Grayfox Hillを舞台に、プレイヤーは若き男性Noah Byersとして街を探索し、時には突然変異体と戦い、様々な困難を乗り越えます。


ゲームでは“選択”が重要な要素の1つであり、すべての決定がストーリーと世界全体に影響。NPCは主人公に対して過去の選択で構築された評判をもとに反応を示します。また、選択によっては景色でさえも変化するとのことです。


オンラインCo-opも搭載される『The Day After: Origins』はPCを対象に9月早期アクセス予定。Kickstarterの目標金額は20,000カナダドルで、画面分割Co-opや新モード、PS4/Xbox One版がストレッチゴールとして設定されています。