Quantum Integrity Softwareは、開発中の新作ゲーム『Dead Matter』の新トレイラーを公開しました。

『Dead Matter』はゾンビによって荒廃したポスト・アポカリプスの世界で生き残るサンドボックスサバイバルホラー。カナダを舞台としており、プレイヤーはそれぞれの生き方を模索します。

バリケードを作り、その中で生活するもよし、武器や食料を調達することを目的として放浪するもよし。「ゾンビ・アポカリプスの中であなたはどう動く?」という大きなテーマの下で開発されているため、選択肢の幅には期待できそうです。


トレイラーでは、多数のゾンビと戦う場面はもちろん、様々な乗り物でゾンビから逃げたり、マガジンに指定した弾数を装填したりと、自由度の高さが窺えます。中には、人間同士で戦うシーンも……。


さらに、拡張性のあるクラフトや、銃器のカスタマイズ、天気・昼夜のサイクル、血圧や失血など奥行きのある医療システムなども搭載。マルチプレイヤーも検討されており、ゾンビ・アポカリプスの世界をみんなで生き抜く、ということもできるかもしれません。

『Dead Matter』は公式サイトにて予約受付中。本作のさらなる詳細は、こちらから確認できます。