現在Steamにて早期アクセスを展開中の本格派ゾンビサバイバル『Project Zomboid』ですが、デベロッパーThe Indie Stoneは最新バージョン“Build 39”にて運転可能な車両が追加されたことを報告しました。


車両は他のゲームプレイ同様に非常に細かいシステムとなっており、エアコン、カーラジオ、故障、パーツ交換、衝突事故など、現実で考えられる要素はあらかた取り入れられているようです。上記の映像や公式サイトではより詳細な解説が行われています。




ますます拡大する『Project Zomboid』はSteam/Humble Store/GOG.comにて1,480円/14.99ドルで配信中です。