Eleon Game Studiosは、Steamにて早期アクセス実施中の宇宙サンドボックスサバイバル『Empyrion - Galactic Survival』のAlpha10アップデートを配信しました。

同作はランダム生成の宇宙空間、及び数々の惑星上を舞台に、宇宙船やホバー車両、基地、様々なアイテムをクラフトしながらならサバイバルを繰り広げるサンドボックスタイトル。以前のアップデートにより各種NPC勢力との関係性なども実装されています。なお、本作は日本語対応です。


今回のアップデートではシールド機能が実装。ペンタキシド燃料を用いるシールドジェネレーターによりエネルギーが続く限り船体などへの損傷を防ぐことが可能となりました。加えて、100種以上のブロック形状も追加、NPC地上勢力によるプレイヤー基地への襲撃や破壊工作なども行われるように。他にもマウス操舵や、乗り物による採掘などが加わっています。


『Empyrion - Galactic Survival』はSteamにて1,980円で早期アクセス実施中。2019年6月26日までは50%引きの990円で購入可能となっています。