本日配信Steam版大型無料アップデート第1弾到来!モンスター「ラージャン」登場導きの地に「溶岩地帯」追加マイハウス公開が可能になる並びにセリエナ祭【万福の宴】の開催予定、限定クエスト配信開始で内容が盛り沢山!さあ、狩りの時間だ!!更新詳細⇒https://t.co/HGIum3g0Bd pic.twitter.com/AfoY4pQmHw— [STEAM]モンスターハンターワールド:アイスボーン (@MHW_STEAM_JP) 2020年2月6日
カプコンは、Steam版『モンスターハンター:ワールド』にVer.11.50.00アップデートを配信し、そのパッチノートを公開しました。

本アップデートでは追加モンスター「ラージャン」や導きの地に「溶岩地帯」が開放されるイベントなどが追加されているほか、セリエナのマイハウスに関する仕様変更や不具合の修正などが実施されています。詳細は下記の通り。

主な機能追加/仕様変更
●新たなモンスターを追加しました。
●導きの地に「溶岩地帯」が開放されるイベントを追加しました。
●武器のカスタム強化、パーツ強化を拡張しました。
●新たな武器派生、新装備、新スキルを追加しました。
●セリエナのマイハウスを他のプレイヤーに公開することが可能になりました。
1.スタートメニュー>コミュニケーション>前線拠点のマイハウス
2.セリエナのマイハウス>ルームサービス>公開設定
●セリエナのマイハウス内で使用できる専用チャットタブを追加しました。
●セリエナのマイハウス内のBGMを変更できる演奏ボックスを追加しました。
●セリエナのマイハウス内に設置できる家具を複数追加しました。
●オトモダチ探検隊で指定できる行先の「導きの地」にて、持ち帰る報酬のラインナップを追加しました。
●重ね着装備の生産ラインナップを追加しました。
●導きの地のモンスターの出現確率を変更しました。
●導きの地でおびき出したモンスターが出現した際に自動で導虫のガイド対象となりました。
●導きの地でクエストリーダーのターゲット設定が更新された場合、ログが表示されるようになりました。
●導きの地でモンスターをおびき出した際、既に出現しているモンスターがフィールドから立ち去りにくくなりました。
・猟虫をウィッシュリストに登録できるようになりました。
●集会エリアの募集文にマイハウスの公開設定用の項目を追加しました。
・スキルの内容に合わせて装飾品の並び順を調整し、以下の施設機能で変更されます。
アイテムBOX>アイテムの確認・売却>装飾品タブ
アイテムBOX>装飾品の着脱>装備から選ぶ/BOXから選ぶ
・アイテムマイセットを呼び出す際、呼び出すマイセットに空き枠がある場合は所持している支給品が残る仕様に変更しました。(空き枠を超える支給品は破棄されます)
・一部モンスターの「大型モンスター図鑑」での記載について、レア度の高い剥ぎ取り素材を優先的に記載するように変更しました。(剥ぎ取りによって入手できる素材と確率に変更はありません)

Steam版だけのアップデート情報
追加要素、調整要素
ディスプレイオプション「フレームレート」の設定幅を「30/60/90/120/144/165/240/上限なし」に増やしました。キーボード&マウス操作にて、照準中にアイテム選択モードに入った際に「照準をキャンセルする/しない」を任意に選べるCONTROLSオプション「アイテム選択時の照準解除(近接用)」「アイテム選択時の照準解除(遠距離用)」を追加しました。キーボード&マウス操作にて、アイテム操作設定が「タイプ3」以外のときにアイテム選択モードを起動すると、マウス入力はゲームパッド操作時と同様にカメラ操作よりゲームパッド用ショートカットの操作が優先される仕様となっていましたが、マウス中ボタンをクリックしてゲームパッド用ショートカットを起動しない限り、カメラ操作を優先する仕様に見直しました。
パッチノートの全文はこちらから確認可能。なお、本アップデートではゲーム本編に約2.0GBの、High Resolution Texture Packに約1.9GBの空き容量が必要になります。