昨夜各所で報じられた『Team Fortress 2』と『Counter-Strike: Global Offensive』のソースコード流出騒動ですが、Valveは海外メディアPC Gamerやそれぞれの公式Twitterアカウントにて声明を発表しました。

We have reviewed the leaked code and believe it to be a reposting of a limited CS:GO engine code depot released to partners in late 2017, and originally leaked in 2018. From this review, we have not found any reason for players to be alarmed or avoid the current builds.— CS:GO (@CSGO) April 22, 2020
From our review, we have not found any reason for TF2 players to be alarmed or avoid the current builds (as always, playing on the official servers is recommended for greatest security).— Team Fortress 2 (@TeamFortress) April 23, 2020
声明によれば流出したソースコードは2017年後半にパートナー向けにリリースされ、2018年にも一度流出した限定的な『CS:GO』エンジンコードデポ(『TF2』の非常に古い部分も含まれている)の再投稿であり、プレイヤーが心配して現在のビルドのプレイを避ける理由はないとのこと。

Valveは今後も調査を続け他に証明するものがあればニュースを更新するとしており、もし流出に関する情報を持っている場合は同社のセキュリティページにて報告して欲しいと伝えています。また、これまで通り最高のセキュリティのため公式サーバーでプレイするよう推奨しています。

ひとまず危険はないとされた『TF2』と『CS:GO』。これからも安心してプレイできるよう、今後このような騒動が起きないことを祈ります。なお、SteamDBの開発者Pavel Djundik氏は、今回のソースコード流出によりいくつかのメカニズムや雑学への理解が深まりエクプロイトの発見に繋がる可能性はあるものの、チート開発者の助けになることは殆どないとしています。

What will come out of this code leak? Better understanding of some mechanics and neat trivia, maaybe some exploits.This code is cleaned up version that is available to licensees.Will it help cheat developers? Probably very little. pic.twitter.com/nS5FDUVkZm— Pavel Djundik (@thexpaw) April 22, 2020