PCオンラインゲーム『League of Legend』のデベロッパーおよびパブリッシャーであるRiot Games, Inc.は、同作の世界を舞台にした基本プレイ無料のPC/モバイル向けストラテジーカードゲーム『Legends of Runeterra(レジェンド・オブ・ルーンテラ)』を、本日5月1日より正式リリースしました。

本作は、PC/Android/iOSのクロスプラットフォームに対応した、「奥深い戦略性」「カード入手方法の自由度の高さ」「メタの多様性」が特徴の1対1で行うストラテジーカードゲームです。基本プレイ無料ですが、課金要素が対戦で有利に働くことはなく、どのプレイヤーでもフェアでエキサイティングなバトルを楽しめます。



正式リリースで実装されるエキスパンションセット「迫り来る波濤」では、荒くれ者の海賊たちが住む港街・ビルジウォーターが新地域として登場。120以上のカードとともに、『League of Legend』でお馴染みのミス・フォーチュン、フィズ、ガングプランクを始めとする11体のチャンピオン、6種類の新たなカードメカニズムなどが加わります。


■Jeff Jew(ライアットゲームズ エグゼクティブ・プロデューサー) コメント
「大いに盛り上がったオープンベータを経て『レジェンド・オブ・ルーンテラ』を正式リリースできることを、とても嬉しく思います。私たちはこれまで通り、戦略的でインタラクティブなゲーム性、デッキ構築の幅広さ、そしてチャンピオンが活躍する劇的な瞬間をお届けすべく努力を続けています。まだプレイしたことが無い方も、この機会にぜひLoRの魅力に触れてみてください。ベータ期間中にプレイしてフィードバックを寄せてくれた皆さん、そしてこれからゲームを始めようと考えている皆さんに感謝します。それではルーンテラでお会いしましょう!」

『Legends of Runeterra』は本日2020年5月1日より配信が開始。ゲームプレイやアプリダウンロードは公式サイトから可能です。

(C)2020 Riot Games, Inc.