お腹痩せを目指すときに、まずやろうと思うのが”腹筋”という人も多いはず。ただし、腹筋は注意が必要! 体勢によっては、アプローチしたい場所にアプローチできない場合が多いからです。

そこ今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、正しい腹筋の方法を教えてくれました。あなたは正しい方法でできていましたか?

後頭部に両手を回すのはNG!?

“腹筋”といえば両手を後頭部に回して頭を支え、勢いをつけて上体を起こす、きつそうな姿勢をイメージしますよね。実際にきついエクササイズで、長く続けていくのは至難の技。

出典: GATTA

運動が苦手な人や、体力があまりない人が上の画像のような姿勢で腹筋を行うと、お腹に効果を感じる前に首を痛めやすくなり、丸まった姿勢のせいで腰が痛くなりやすいことが多いです。

お腹の引き締めを目指す前に、体を痛めてしまいがちなこの姿勢は、宅トレにあまりおすすめできません。

体力のない人にもおすすめ!お腹に正しくアプローチできる「腹筋」

出典: GATTA

(1)床に座ります。

(2)ひざを軽く曲げ、お腹を引き上げて上体をまっすぐにします。このとき、すでにお腹に力が入っている状態が理想です。つらい場合は、ひざの曲げる角度を浅くしてください。

(3)両腕を前方へ伸ばします。

出典: GATTA

(4)息を吸いながら、上体をまっすぐに保った姿勢で上体を後ろへ倒していきます。

(5)お腹で支えている意識を保ちながら、3秒程度保ちます。

出典: GATTA

(6)息を吐きながら、上体をお腹の力で戻していきます。

(7)体力に合わせて、10〜20回行いましょう。

 

後方へ倒す腹筋であれば、首や腰を痛めずに続けやすいはず! ポイントは背中を丸めないこと。上体を倒す角度は、体力に合わせて変えていって、無理のないよう段階を踏んでいきましょうね。