脚やせを目指す方は、ストレッチで整えるか、エクササイズで鍛えるか迷うかもしれません。体が硬いと感じていると、足のストレッチは苦手意識が芽生えることも。ヨガインストラクターのyuukaさんによると、そんなときはタオルを使って補助するストレッチをしながら、エクササイズもするのがおすすめなんだそう。

そこで今回はyuukaさんに、脚痩せを目指すストレッチを2つ教えていただきました。タオルなしでもできますが、タオルを使えば体が硬いと感じる人でも簡単にできるそうですよ。

太ももの内側と外側を伸ばそう

硬くなりがちな太ももの内側と裏側をしっかり伸ばしてあげましょう。太ももの筋肉の柔軟性がバランスを崩すと姿勢にも影響し、下半身だけがごつくなりがちな悪姿勢になる可能性も。タオルを使えば体が硬くてもラクにストレッチすることができます。

脚痩せストレッチ:1

出典: GATTA

(1)仰向けに寝て両ひざを曲げます。

出典: GATTA

(2)手がとどく人は、左足の裏をつかみます。体が硬い方は左足の裏にタオルを通し、両手でつかみます。

(3)太ももをお腹や胸に引き寄せます。

出典: GATTA

(4)息を吸います。息を吐きながら足先を顔に近づけ、太ももの裏側が伸びる位置を探します。

(5)20秒程度キープしましょう。

(6)2セット行います。

(7)反対側も同様に行います。

脚痩せストレッチ:2

出典: GATTA

(1)左足の親指をつかみます。体が硬い方は足の裏にタオルを通してタオルの両端を左手でつかみましょう。

出典: GATTA

(2)息を吸います。息を吐きながら左脚を外側へ開きます。

(3)左のひざを伸ばしたり、緩めたりしながら少しずつほぐし慣れたところで20秒キープします。

(4)反対側も同様に行います。

 

ストレッチ後に立ち上がって歩いてみると、いつもよりも姿勢が伸びているように感じたり、歩きやすいと感じるかもしれません。太もものバランスはスタイルにも影響が大きいので、夜寝る前などのリラックスタイムの習慣にしてみませんか?