メイクの印象を左右するアイメイク。雑誌などにはさまざまな手法や人気のコスメなどが紹介されていますが、実際に自分の目元で試してみると、「あれ?なんか違う……」なんてことはありませんか?

とくに一重さんのアイメイクは、雑誌通りにメイクすると、なんだか重たすぎて見えてしまう、派手になりすぎて日常生活に取り入れづらいという声もよく耳にします。

そこで今回は、メイクアップアーティストの小笠原彩さんに、一重さんにおすすめのアイメイクを教えていただきました!

一重さんのアイメイクのコツは「幅」

まず、一重さんのアイメイクで一番要になるのは、”似合うメイクの幅”をマスターすること。

実は一重さんのアイメイクで一番大切なのは、アイシャドウの色味やアイライナーの色味ではなく、どのくらいの幅でメイクをするかだと筆者は考えています。

一重さんには腫れぼったく見えると敬遠されがちなピンクメイクも、アイシャドウの幅を抑えていれば、腫れぼったく見えずに仕上げることができます。一重さんの目元は、セクシーで凛とした美しい目元を作りやすいので、どのようにメイクをすれば一重さんのメリットを生かせるか、計算しながらメイクをするとよいですよ。

上まぶたのアイシャドウはのせすぎ注意

出典: a.otsuka / PIXTA(ピクスタ)

では最初にアイシャドウの”幅”についてお伝えしていきます。

上まぶたのアイシャドウは正面をみたときに、1ミリ見える程度に留めるのがおすすめ。それ以上広げてしまうと、目元が派手に見えすぎたり、重たい印象に見せてしまうことがあります。ご自身の目元をよく観察し、ゴールの位置を決めてから、目の際〜ゴール地点に伸ばすようにのせていきましょう。

決して広く広げたからデカ目になる、美しい印象になる、のではなく、目のフレームをアイシャドウできれいに彩るだけ、というイメージでのせていきましょう。

下まぶたには「明るい色」をチョイス

目を派手になりすぎずに大きく見せたい場合は、下まぶたに明るい色味のアイシャドウをのせて。目を大きく見せるために濃い色のアイシャドウをのせたくなりますが、一重さんの下まぶたに濃い色のアイシャドウをのせると、フレームを強調しすぎて目元が小さく見えてしまい逆効果。明るい色味で白目を縦に広げて見せてあげたほうが、軽やかに目元を大きく見せることができますよ。

このときも広げすぎず、1〜2ミリ程度の太さで、チップなどで入れていくと、自然に白目を広げることができて、とても美しい目元に仕上がります。

アイライナーは黒目の外側から1ミリの太さで

出典: a.otsuka / PIXTA(ピクスタ)

次にアイライナーで目元を引き締めていきましょう。

このときに注意したいのが、アイライナーは目を開けて見える位置に、1ミリ程度の太さで引いていくこと。一重さんの目元は、太くアイライナーを引いてしまうとまぶたが重たくなりすぎてしまい、目元が小さく見えてしまいます。繊細なリキッドライナーなどで、1ミリ程の太さで引いていくことがおすすめです。

また、目頭〜黒目の中心まではまぶたが被さってしまい、目を開けたときに見えない部分なので、ここにはあえてアイライナーは引かず、黒目の中心あたりから目を開けて引いていきましょう。目頭はあえて引かないことで抜け感が生まれ、重たすぎる目元の印象を回避できます。

目尻は目の際から1〜2ミリ伸ばしたところで終了すると、切れ長ですっきりとした目元に見せることができますよ。

まつげはしっかりあげて、目尻だけ強調

最後にビューラーでまつげをしっかりと上げていきましょう。

一重さんはまつげの根元が被さってしまい、目を開けるとまつげが下がって見えてしまう方が多いです。そのままだとどうしても目元に影ができてしまい、重たい印象に見えてしまいます。まつげはしっかりとビューラーであげて、マスカラを塗ってくださいね。

また、やりがちなのがマスカラの付けすぎ。マスカラを全体的に付けすぎることで、目元のフレームを強調しすぎてしまい、逆に目が小さく見えたり、まつげが下がってしまう原因に。マスカラを2度付けするのであれば、目尻1ミリのまつげを強調すると目元の軽やかさは保ったまま、やりすぎ感なく、印象的に見せることが可能です。

 

1ミリ単位の話ですが、一重さんの目元を最大限に美しく見せるためには、ミリ単位で設計をしていくのがおすすめ。重たく目元を囲いすぎるのではなく、抜けるところを作り、強調するところとのメリハリを意識すると、軽やかで印象的なアイメイクを作ることができます。

ぜひ毎日のアイメイクで取り入れてみてください。

【画像】
a.otsuka、Pangaea  / PIXTA(ピクスタ)