単純な動きであるため、宅トレで習慣化している方も多い“腹筋”。でも、「頑張って腹筋をつづけているけど、効果が感じられない……」という方も多いはず。実は腹筋をしているときの“姿勢”次第では、お腹にしっかりアプローチできない場合もあるんです。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、お腹にしっかりアプローチするための“腹筋のコツ”を教えてもらいました。

腹筋で首を痛めていませんか?

出典: GATTA

腹筋をするとき、写真のように背中を丸めて、後頭部に手をあて、首から頭を前に突き出した状態で行っていませんか?

この状態で腹筋の力や首の筋力のない女性が腹筋を行うと、しっかりアプローチできる前に、首を痛めてしまう可能性があります。また、腰にも負担がかかるため、ハードルが高いといえるでしょう。

筋力がなくてもOK!体への負担が少ない「腹筋」トレーニング

出典: GATTA

(1)両ひじで床を支え、上体を軽く起こます。このとき、背中と腰が丸まらないようにしましょう。つらい場合は、腰の下にクッションをしき、腰が丸まらないように補助します。

(2)両ひざの間に、単行本やクッションなどをはさみ、下腹部に力が入りやすいようにしましょう。

(3)ひざが天井を向く位置まで両脚を引き上げます。

出典: GATTA

(4)息を吸いながら両ひざを伸ばし、床につかないよう維持します。

(5)息を吐きながらお腹全体に力を入れて、両ひざをお腹に引きつけます。

(6)このとき、ひざが天井に向く位置に戻しましょう。

(7)体力に合わせて、10〜20回程度を繰り返しましょう。

 

ポイントは、腰を丸めないようにすること。この状態で腹筋をすれば、無理なく行うことができるはず! 今つづけている腹筋がつらいと感じる方は、ぜひ試してみてくださいね。