下腹のたるみが気になるけれど、腹筋をするのは苦手で続けられない……。基本エクササイズである“腹筋”も「ツラい!」と感じてしまう方が多いのではないでしょうか。宅トレである場合は特に、ツラいと続けられないですよね。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、寝たまま“下腹痩せ”を目指すエクササイズを教えてもらいました。

上半身はそのままで「下半身」を動かしていこう!

上体を倒したり起こしたりする腹筋は、まず体を起こすこと自体がつらいですよね。お腹にアプローチできる位置まで引き上げることが難しかったり、首が疲れて起き上がれなかったりすることもしばしば。

そんなときは上半身を少し起こした姿勢を維持したまま、下半身を動かしてみましょう!

下半身を動かして「下腹の引き締め」を目指すエクササイズ

出典: GATTA

(1)床に寝転がり、ひじをついた姿勢で上半身を半分起こします。

(2)両ひざを曲げます。息を吐きながら、お腹の力で両ひざを胸のほうへ引き寄せましょう。

出典: GATTA

(3)息を吸いながら、両ひざをゆっくり伸ばしていきます。

(4)床に脚を下ろさずに、ひざを伸ばせるところまで伸ばしましょう。

出典: GATTA

(5)息を吐きながらお腹に力を入れ、再びひざを引き寄せます。お腹の真上あたりまででOKです!

出典: GATTA

(6)この一連の動きを1セットとし、15〜20回ほど行いましょう。

 

お腹に力を入れること、腰をそらしすぎないようにすることを意識しましょう! お腹の力がゆるんでいると、腰に負担がかかってしまう可能性があります。15回行うのがツラい場合は、一回をゆっくり丁寧に行うことで、回数を減らしていきましょう。