「お腹のお肉や太ももをスッキリさせたい」そんなとき、やみくもに腹筋やスクワットをするのはNG。引き締めたい部位にしっかりアプローチできていなかったら意味がありませんよね。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、ある道具を使うだけで“お腹痩せ”を目指しやすくなるトレーニングを教えてもらいました。運動初心者でもしっかりアプローチできるコツとは?

お腹と内ももを鍛えるときは「意識すること」が大切

太ももの内側や下腹を鍛えるとき、しっかりアプローチできているのかわかりにくいことがありますよね。

そんなときは、誰でも家にあるクッションや枕を使ってみましょう! 内ももへ意識が伝わりやすく、効率的にエクササイズしやすくなりますよ。

「お腹と内ももの引き締め」を同時に目指すトレーニング

出典: GATTA

(1)椅子に座ります。

(2)両脚のひざの間に、クッションか枕を二つ折りにして挟みます。

(3)腰をまっすぐに立てて、立てた腰が丸まらないように両手で椅子のヘリをつかみ支えます。

(4)両ひざでクッションを押すようにして、内ももに力を入れます。

出典: GATTA

(5)息を吸います。

出典: GATTA

(6)息を吐きながら、両脚を持ち上げて胸に近づけます。

(7)このとき、腰が丸まらないように注意してください。

(8)まずは10回からスタート! 慣れてきたら、20回を目指してみましょう。

 

内ももの力が萎えていたり、猫背が定着していたりする方は、最初はツライと感じるかもしれません。けれど、しっかりアプローチできている感覚を得やすいので、モチベーションが上がるはず! ぜひ試してみてくださいね。