脚痩せの悩みは人それぞれ。太ももだけでも、外側の出っ張り、前側のハリ、内もものぷにぷに感……など、それぞれ気になる部位が違いますよね。これらのお悩みに共通として、“姿勢のクセ”が関わっているかもしれません。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、“脚痩せを目指す”寝たままエクササイズを教えてもらいました。実は間違っていたNGエクササイズもあわせてご紹介するので、自分のトレーニングを見直すきっかけにしてくださいね。

スクワットは「姿勢次第」で脚痩せに逆効果!?

出典: GATTA

太ももの引き締めに、スクワットを行う人が多いでしょう。実際に筆者のレッスンでも、スクワットをすすめる場合もあります。

しかしスクワットは正しいポジションを守ること、“歪みのない姿勢”が必須。猫背さんや反り腰さんのように、骨盤の位置が傾いた姿勢だと脚への負担が倍増し、細くなるよりもごつくなることが多くなりますので注意が必要です……!

寝たままできる!「太ももすっきり」を目指す簡単エクササイズ

出典: GATTA

(1)仰向けに寝ます。

(2)仰向けに寝たときに、背中と床の間に隙間があり、手のひらが通り抜けられるほどの幅ができていたら、お尻が乗るか乗らないかの位置に座布団や薄めのクッションを敷きましょう。

(3)両脚を天井方向へ上げ、脚を前後にクロスします。

(4)お腹に軽く力を入れましょう。

出典: GATTA

(5)息を吸いながら、両脚を開きます。このとき、脚の付け根を外側へ凱旋させるようにしましょう。

出典: GATTA

(6)息を吐きながら、両脚を内ももの力でゆっくりと閉じていき、脚を前後にクロスします。

出典: GATTA

(7)これを1セットとし、脚のクロスを交互に変えながら15回行います。

(8)次に両脚を閉じた状態で、天井方向へ持ち上げた姿勢になり、お腹に軽く力を入れます。

出典: GATTA

(9)息を吸いながらお腹に力を入れたまま、右脚のみを開いていきます。このとき、胴体は安定させたまま傾かないようにしましょう。

(10)息を吐きながら内ももの力を意識して、ゆっくり脚を閉じていきます。

出典: GATTA

(11)左右交互に行います。

(12)左右を1セットとし、5〜10回行いましょう。

 

腰が痛くなる場合は、背中から腰がのけぞってしまっている可能性があります。床に背中を押し付けるようにして、お腹に力が入った状態で行いましょう。

しんどい場合はクッションや座布団を上手に利用してくださいね!