ウエスト部分にのっかるお肉。くびれの代わりに浮き輪のようなお肉がのっていくことに気がついたら、姿勢が崩れている証拠かもしれません。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、運動嫌いでも毎日続けられるほど簡単なストレッチを教えてもらいました。ぷにぷにお腹の引き締めを目指したい方はチャレンジしてみて!

潰れたお腹を伸ばすのがポイント

日常生活のクセで崩れてしまう姿勢。特に背筋やお腹周りのクセは、姿勢にも悪影響が……。

丸まった猫背姿勢になると、お腹周りにお肉がつきやすくなってしまう可能性があります。背中が丸まり潰れたお腹のお肉は、左右へ広がるばかり。お腹周りをスッキリさせるためにも、脇腹を伸ばして姿勢の整えを目指しましょう!

運動嫌いでも毎日続けられる!? お腹痩せを目指す「簡単ストレッチ」

出典: GATTA

(1)両脚を腰幅程度に開いて立ちます。

(2)お腹を上に引き伸ばして、腰が反らないように注意してください。

出典: GATTA

(3)息を吸いながら、左腕を引き上げます。このとき首がすくまないように、肩甲骨と脇の下あたりから腕がつながっている意識で持ち上げましょう。肩がリラックスしている状態で、腕を持ち上げます。

出典: GATTA

(4)息を吐きながら、右方向へ上体を倒します。ちょっとした意識の持ち方ですが、このとき左の肩甲骨の位置を斜め上に持ってくるようにして、あばらの横を伸ばしてみましょう。

(5)右手で左のあばらの横から背中にかけて触れるように、そのまま深い呼吸を続けます。

(6)手で触れている場所が、呼吸によって伸びたり縮んだりするのを感じられるように、深く長く呼吸しましょう。

(7)5〜10呼吸行います。

(8)反対側も同様に行いましょう。

 

終えたあとに胴体が安定し、あばら全体が引きあがっている感覚があればOKです。最初はわからなくても大丈夫! 毎日続けると感覚がわかるようになるでしょう。

「姿勢が悪いな」「腰や背中が固まっているな」と感じたときにぜひ行ってみてください。続けると、お腹周りがスッキリしてくるのを実感できるはずですよ。