ちょっとしたご褒美にぴったりなコンビニスイーツ。さらに秋は、旬の味覚の限定商品を味わえる楽しみがありますよね。かぼちゃ、さつまいも、栗など秋の味覚はおいしいだけでなく、それぞれ薬膳的にうれしい効果も期待できるそう。

そこで今回は、国際中医薬膳師の坂本雅代さんに、薬膳の視点から“セブン-イレブンのおすすめ秋スイーツ”を教えてもらいました。

1:冷えむくみが気になるときに「かぼちゃ」のプリン

出典: GATTA

かぼちゃはお肌の調子を整えてくれるほか、体を温めながら胃腸を強くし、気力を補う働きも期待できます。

“瓜”の漢字がつく野菜は、余分な水分を取り除いてくれるものが多いと薬膳では考えられていて、なかでもキュウリやスイカが有名です。

どちらも夏の野菜で体の熱を取ってくれる寒性の食材ですが、“南瓜”と書くかぼちゃは体を温めてくれるので、冷えむくみ体質の方にぴったり。

出典: GATTA

かぼちゃをそのまま裏ごししたような『とろ生かぼちゃプリン』は素材そのもののおいしさを楽しめ、濃厚な秋の味覚を楽しめます。

【詳細】
セブン-イレブン『とろ生かぼちゃプリン』 / 198円(税抜)235kcal

2:若返り食材!? 「栗」でおいしく元気に

出典: GATTA

五行の考えで老化に関係する“腎”を元気にする食材として、薬膳では黒い食べ物、種実類などが挙げられます。

栗は腎を補う食材で、足腰や胃腸を丈夫にするといわれ、冷えによる下痢を改善し、血行を良くするなどと考えられています。体を温める食材で、内臓冷えが気になる方にぴったりの食材なんですよ。

出典: GATTA

充実している栗スイーツの中でも注目度が高いピエール・エルメとのコラボスイーツは、高級専門店のような濃厚テイストを気軽に楽しめるスイーツです。

マロンホイップクリームやサクサク食感のクッキー、濃厚なチョコクリームと、1度で色々な味が楽しめます。

【詳細】
セブン-イレブン『ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マロンショコラ』 / 310円(税抜)276kcal

3:胃腸を元気に&消化を助ける「さつまいも」

出典: GATTA

さつまいもは、消化や吸収に関係がある“脾”を元気にする“健脾”という働きがあり、薬膳では胃腸を元気にして消化を助けてくれると考えられています。

むくみや便秘ケアにも効果が期待できるとされ、体を冷やすことも温めることもない“平性”の食材だから秋冬も安心。

糖質制限をしている方にとっては糖度が気になる芋類ですが、韓国ではさつまいもダイエットも有名ですよね。

出典: GATTA

なると金時を使用した優しい甘さの芋ようかんは、和洋折衷のスイートポテトのようなスイーツ。シンプルな甘さを楽しみたい方におすすめです。

【詳細】
セブン-イレブン『なると金時の洋風芋ようかん』 / 168円(税抜)100kcal

 

バランス良く食べるのが何より大切ですが、食材の性質を知った上で味わうとよりスイーツを楽しめそうです。旬の味覚をおいしく食べて、秋も美しく元気に過ごしましょう。