寒くなると体が縮こまり、いつの間にか猫背なってしまいがち。首や肩がこりやすいと感じるときや、バストがしぼんできたと感じたときは猫背になっているかもしれません。

今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、姿勢が悪いと気がついたら、その場でできる猫背ケアストレッチを紹介してもらいました。

縮んだ体の前面を伸ばしてリセット

(1)床に座ります。

(2)両ひざを軽く曲げて、足の裏は床に下ろしましょう。

(3)両腕を背中側へ下ろし、指先をお尻側へ向けて床につきます。

出典: GATTA

(4)息を吐きながら背中と腰を丸めます。

(5)息を吸いながら、お腹、みぞおち、胸を順番に持ち上げて、ひじを伸ばしていきましょう。

(6)二の腕が伸びているのと、胸、みぞおちがストレッチされるのを感じましょう。

出典: GATTA

(7)深い呼吸で10回行います。

肩と腕の位置をリセット

猫背になると、肩が体の前側に丸まった”巻き肩”の状態になりがち。二の腕にもお肉がつきやすくなるので、肩と肩甲骨をほぐして正しい位置におさめましょう。

(1)左肩をリラックスさせ、左の腕を胸の前にふわっと持ち上げます。

(2)左の肩甲骨をうしろへ引くように意識しながら腕を背中側へと移動させます。

出典: GATTA

(3)肩から腕を前とうしろへ回すようにすると同時に、ひじから手首、手先も内側へ回したり外側へ回したりと交互に行っていきましょう。

(4)10回行ったら、反対の腕も同様に行います。

出典: GATTA

肩先をねじる動きだけではなく、肩の付け根とひじから先の2箇所の動きを意識してみてください。

 

固まった胸周りが開き、両方の肩甲骨が引き寄せられている感じがしたら正解です。すっきり感がすぐに得られる簡単なストレッチです!

ぜひ試してみてくださいね。