スマホやPCの画面を見る生活が続くと、「姿勢が悪くなった気がする……」と感じませんか?

姿勢が悪くなってしまうと、猫背や肩こり、腰痛などにつながってしまう可能性も。

そこで今回は、ヨガインストラクターのNATTYさんに、座ったままで“美姿勢”を目指すストレッチを教えてもらいました!

床に座ったままでも椅子に座ったままでも、凝り固まりやすい上半身にアプローチすることができますよ。

ぜひ一緒に2STEPで“美姿勢”を目指しましょう!

動画を見ながら…LET’S TRY!

STEP1:まずはストレッチ

(1)座った状態で骨盤を立て、背骨を伸ばします。

(2)胸の前で指を絡め、吐く息で手の甲を前に押し出して背中を伸ばします。

(3)吸う息で腕を体に引き寄せ、吐く息で左右ななめに伸ばしましょう。

(4)呼吸を繰り返しながら、背中の筋肉をゆるめる意識を持ちながら、八の字を描くように手を大きくゆっくり動かしてください。

(5)手のひらをひっくり返し、息を吸いながら体を上に伸ばします。

(6)吐く息で手をほどきます。

(7)親指をひっかけ、吸う息で体を上に伸ばし、吐く息で真横に倒してください。

(8)吸う息で体を真ん中に戻し、吐く息で反対に倒しましょう。

(9)真ん中に戻したら親指を前後逆にし、同じように体を上に伸ばしたまま、サイドに倒しましょう。

(10)最後に右手を左ひざに置き、左手は体のうしろにおいて、吐く息で体を左にねじります。

(11)反対も同様に行ってください。

STEP2:ストレッチに体幹を鍛えるエクササイズをプラス

(1)座骨を乗せて手をうしろにつき、ひざを立てながら両足を持ち上げましょう。

(2)吐く息とともに、両足を閉じたまま前に伸ばします。

(3)お腹をしっかり使う意識をしつつ、背中を伸ばしたままで10回程度行ってください。

ポーズをとるときのコツ

・深い呼吸を意識しましょう。

・肩や首まわりの力を抜きましょう。

・頑張りすぎず、リラックスした状態で行いましょう。

・筋肉が伸びて気持ちいいと思える範囲で行いましょう。

・吐く呼吸とともに筋肉を緩めるイメージで行いましょう。

おすすめポイント

テレビを観ながら、お仕事中の気分転換をしながら。

時間や場所を問わず気軽に行うことができるので、ぜひ動きを覚えて“美姿勢”を目指しましょう!

 

きっと続けることで、体にも心にも少しずつ変化が訪れるはず。体調にあわせて、自分ができる範囲で続けてみてくださいね。