年末の大掃除もなんとか終わり、すっきりとした部屋で新年を迎えている方も多いのではないでしょうか?

しかし油断は禁物。ピカピカだった部屋がいつの間にかごちゃごちゃ……なんてことにもなりかねません。そしてきれいな部屋を保つために大事なのはズバリ収納!

そこで今回は意外な使い道で大活躍する”とっておきの収納グッズ”を整理収納アドバイザー&インテリアブロガーのみなさんに教えてもらいました。

1:マスクの収納にぴったり!「ウェットシートケース」

出典: GATTA

今や外出時につけることが必須になったマスク。衛生的にスッキリ収納したいけれど、使用頻度が高いため、取り出しやすく目につく場所におきたいものです。

理想的なマスク専用の収納グッズなどもありますが、家族のサイズ別に購入するのは躊躇しますよね。

そんなときは、ホームセンター、3COINS、無印良品など身近なショップでも取り扱いがある『ウェットシートケース』がおすすめです。

出典: GATTA

お手頃な価格で手に入りやすく、今後マスクの収納が不要になったら本来のウェットシートケースに転用できるのもいいですね。

2:靴箱専用より丈夫でずれにくい「すべり止めシート」

出典: GATTA

靴底を直に乗せると汚れやすい玄関収納の棚板。けれど、汚れをガードするために靴箱専用のシートを使っても、ずれやすかったり、ヨレヨレになりやすかったり、と使いづらいモノが多いですよね。

そこでおすすめなのが、ニトリの『抗菌すべり止めシート』です。

出典: GATTA

表面の凹凸ですべり止め効果があるため、パッケージ写真では食器棚の使用に推奨されているよう見える商品ですが、靴箱にも最適なんです。

水洗いも可能というしっかりした素材。そのために張りがあるのでずれにくいんです。裏返してすべり止め効果のある面を下にすると、さらにすべりにくくなりますよ。

3:なんでもひとまとめ!縦にも横にも使える「乾燥スタンド」

出典: GATTA

キッチンがごちゃつく原因の一つは、乾きにくい物を乾燥させつつ放置してしまうこと。

そんな出しっ放しのグッズたちは、多機能なスタンドを使って、できるだけ干すスペースをコンパクトにまとめましょう。

例えばこちらhanautaの『キッチンハンガー』は、横にすれば布巾が掛けられ、縦にすればまな板を浮かせて乾燥できると、自分仕様の活用方法でいろいろなものを乾かせる便利なグッズ。

出典: GATTA

ちょい置きしてしまいがちなコップや、ペットボトルやゴム手袋などもひっかけて乾燥できますよ。

4:洗うだけじゃない!乾燥にも使える「柄つきスポンジ」

出典: GATTA

無印良品の『柄つきスポンジ』は、奥まで手の届かない水筒などが洗える人気の商品。ですがこの商品、洗うだけでなく収納にも便利なんです。

出典: GATTA

このように柄だけ利用して、好みのスポンジをキュッと挟んでぶら下げれば、どんなスポンジも乾燥しやすい収納のできあがり。

カゴ状のスポンジラックが不要になって掃除もラクになりますね。

5:玄関でもリビングでも活用可能!「タオルバー」

テーブルに散らばる小物をすっきり収納

出典: GATTA

テーブルの上に色々なモノが置きっぱなしになっていませんか?

100均にも売っているタオルバー2本と薄型のトレイを使ってテーブルの裏側に簡易の引き出しを作ることができます。よく使うリモコンやコースターなどを収納するのもおすすめです。

出典: GATTA

ボックスティッシュもテーブルの下にくっつけてしまえば邪魔にならず、使いたいときにはサッと使うことができますよ。

スリッパラック不要のスリッパ収納

出典: GATTA

タオルハンガーはシューズクローゼットの扉の裏側に貼ればスリッパラックにもなります。

出典: GATTA

扉が閉まらないのでは?と思われるかもしれませんが、スリッパの厚さ程度のスペースはあるので大丈夫。

 

少し使い方を変えるだけで、便利さが増すグッズがたくさん。

ぜひ活用して、過ごしやすい部屋を維持してくださいね!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。