◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目(28日)◇小樽CC(北海道)◇6695yd(パー72)

2週前の「NEC軽井沢72」に続く2戦連続優勝を目指す19歳の笹生優花が3バーディ、ノーボギーの「69」でプレー。通算8アンダーで2位から単独首位に浮上した。

「きょうは我慢のゴルフでした。午後だったのでパターがなかなか入らなかったけど、そういう中で熱くならず、焦らないで我慢できた。ノーボギーで回れたのは自信になる」と振り返った笹生。ショットが安定していて、ピンチは「なかったです」ときっぱり。「4日間大会は一週間が長いので、急がないで日々勉強みたいな感じです」と、残り36ホールもゆったりと構えている。

1打差の通算7アンダー2位に、この日「68」でプレーした吉本ひかる。通算6アンダー3位に沖せいら。通算5アンダー4位に地元・北海道出身でホステスプロの小祝さくらと、濱田茉優、金澤志奈、サイ・ペイイン(台湾)、さらに小倉彩愛、六車日那乃のアマチュア2人の6選手がつけている。

6月の開幕戦「アース・モンダミン」を制した渡邉彩香は「73」と伸ばせず、通算1アンダー21位。前年覇者の鈴木愛は通算3オーバーで、カットラインに1打届かず予選落ちとなった。