2009年 諸見里しのぶ「女子プロ選手権」でメジャー2連勝

諸見里しのぶが「日本女子プロゴルフ選手権」(岐阜関カントリー倶楽部)を6打差で圧勝した。自身初の2週連続優勝、さらに国内メジャー2連勝になった。

1万6672人の観客が見守る中、3バーディ4ボギーの「73」と一打落としながら独走した。出だし3ホールで2ボギーをたたき、2打差2位から出た馬場ゆかりに一度は並ばれたが、4番で175ydを5UTで30cmにつけバーディ。再び差を広げると、崩れる後続を一気に突き放した。

「優勝したい、メジャーを勝ちたい、グランドスラムを達成したい。2週連続Vをやってみたいという色んな感情の中で回って辛かった。これがメジャーの重みかと考えながら、プレーしていた」。トップだった賞金ランキングでは、2位に4000万円以上の差をつけた。

同年の賞金女王争いはその後、横峯さくらの猛追があり最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」を制した横峯に軍配。シーズン6勝を挙げて1億6526万円を稼ぎながら諸見里はランク2位に終わった。