◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72)

単独首位から出た原英莉花が5バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算16アンダーで逃げ切り、メジャー初優勝を果たした。2019年6月「リゾートトラストレディス」に続くツアー通算2勝目。後続に4打差をつける圧勝だった。

1998年度生まれのいわゆる「黄金世代」のメジャータイトル獲得は畑岡奈紗(2016、17、19年日本女子オープン、19年日本女子プロ)、渋野日向子(19年ワールドレディス サロンパスカップ)に次ぐ3人目となる。

4打差を追って2位から出た同世代の小祝さくらは、6バーディ、2ボギーの「68」で、通算12アンダー2位だった。通算8アンダー3位に上田桃子、仲宗根澄香が並んだ。

18歳の岩井明愛(埼玉栄高3年)が、通算2アンダー14位で、ローアマチュアに輝いた。

昨季の賞金女王、鈴木愛は「72」とスコアを伸ばせず古江彩佳や笹生優花らと並んで14位で終えた。