日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)と大王製紙は1日、国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」(愛媛・エリエールGC松山)を11月19日から22日、無観客で開催すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、「大会関係者の安全確保が第一との観点から通常開催を断念いたしました」と説明した。

2020年に開催が決まった国内女子のレギュラーツアーは13試合目。6月に開催した初戦「アース・モンダミンカップ」から無観客試合が続き、開催の有無が発表されていないのは最終戦に予定される「リコーカップ」のみとなった。

前年大会は最終組の2組前で7位からスタートした渋野日向子が6バーディ、ボギーなしの「66」をマークして逆転優勝し、ツアー4勝目を飾った。