◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド 最終日(25日)◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073yd(パー72)

7アンダー48位タイで最終ラウンドを迎えた松山英樹は前半13番(パー5)でバーディを奪い、インの9ホールでスコアを1つ伸ばした。前の組を回る石川遼と同じ通算8アンダーで折り返した。

20位タイからアウトコースでスタートした小平智は6番で最初のバーディ、第1打を左に曲げた8番(パー3)をボギーとし、12アンダーのままバックナインに入った。

金谷拓実は序盤の3番(パー3)、9番でダブルボギーをたたくなど、前半に4つスコアを落とし7アンダーでハーフターンした。今平周吾が前半インで「41」(パー36)をたたく乱調。

前日まで首位のジャスティン・トーマスが3番までに2バーディで通算21アンダーとし、優勝争いをリードしている。