25日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド」でツアー3勝目を挙げたパトリック・カントレーは、ランク14位から9位に上がった。

ティレル・ハットン(イングランド)とパトリック・リードが1ランク後退して、それぞれ10位、11位となった。ほかのトップ10に変動はなかった。

大会を日本勢最上位の28位で終えた松山英樹はランク20位で変わらず。今平周吾が73位(3ランクダウン)、石川遼が97位(5ランクダウン)、星野陸也が106位(7ランクダウン)で続いた。

欧州ツアー「イタリアオープン」で11年ぶりの勝利を遂げたロス・マクゴーワン(イングランド)は世界560位から242位に浮上した。