新型コロナウイルス感染拡大の影響で、再来日を見合わせていたイ・ボミ(韓国)が11月6日(金)開幕の「TOTOジャパンクラシック」(茨城・太平洋C美野里C)で日本女子ツアーに今季初出場することが決まった。米ツアーを主戦場にする畑岡奈紗は、今季開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」以来の国内戦。

例年、米ツアーを兼ねて行われてきた大会はことし、コロナ禍で国内ツアーの単独開催になった。イは5月以降、韓国ツアーに出場。日本での出場は昨年11月の最終戦「ツアー選手権リコーカップ」以来で、オフのイ・ワンさんとの結婚後は初めてとなる。

畑岡は2018年に「TOTO」で優勝。鈴木愛にタイトルを譲った前年大会に続く出場で、3位に入った今月のメジャー「全米女子プロ」以来の実戦機会だ。米ツアーにスポット参戦していた渋野日向子は、今週の「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」(埼玉・武蔵丘GC)に続いて復帰2戦目を迎える。

大会は無観客で行われる。