◇欧州男子◇アルフレッド・ダンヒル選手権 事前情報◇レオパルドクリークGC (南アフリカ)◇7249yd(パー72)

南アフリカ3連戦の2試合目は、共催となるサンシャインツアーの旗艦大会。欧州ツアーでは昨年11月末から今季開幕戦として開催されて以来、同一シーズン2度目の登場という珍しいスケジュールが組まれた。前年大会で4年ぶりのツアー通算5勝目を挙げたパブロ・ララサバル(スペイン)にとっても、異例のディフェンディング大会となる。

この試合を終えた段階の年間ポイントランキング「レース・トゥ・ドバイ」60位までが最終戦「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」(12月10日〜/UAE、ジュメイラ・ゴルフエステーツ)に進出。

日本勢で唯一出場する川村昌弘は年間レース39位と初のドバイ切符をほぼ手中に収め、前週予選落ちの雪辱を期して臨む。

地元南アフリカからは、直前の「ヨハネスブルグオープン」初日に439ydという超ビッグドライブを披露して話題を呼んだ欧州ツアーきっての飛ばし屋、ウィルコ・ニエナベールが参戦。ショーン・ノリス、ジェイビー・クルーガーといった日本ツアーのタイトル獲得経験がある面々も名前を連ねた。