◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 最終日(17日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

大会最終日を3バーディ、ノーボギーの「67」で締めくくった小平智は、通算9アンダー56位。「昨日よりショットの調子は良くなかったけど、ミスというミスもなく、ノーボギーで回れたのは良かった」とうなずいた。

2018年の優勝以降、米ツアーでの最高位は20位タイ。「あとはビッグスコアを1回、2回出せるように。パターがスコアメークには大事だと思うので、これからの連戦の中で調整していきたい」と、今年はさらなる浮上を目指している。

予選通過を繰り返し、そろそろ優勝争いへとシフトチェンジしたいところ。「ショットは優勝したときの感じに近くなっている。不安がほとんどなくなってきたので、あとはパターが入ってくれるだけかな」と自分自身に期待した。

日本で迎えた正月の短いオフには、川村昌弘と毎年恒例のラウンドをした。学年では4つ下だが、川村は昨年の欧州ツアーで最終戦まで進出してポイントランキング38位と奮闘中。「めっちゃ刺激になっています」という小平は、世界を転戦する旅人に負けないように、アメリカンドリームを追い求める。(ハワイ州ホノルル/今岡涼太)