タイガー・ウッズが、椎間板の手術を受けたため、1月下旬の「ファーマーズインシュランスオープン」、2月のホスト大会「ジェネシス招待」を欠場すると発表した。19日、自身の公式ツイッターに声明を出した。

ウッズは昨年12月に長男チャーリー君とツアー外の“親子競技“である「PNC選手権」に出場した。その際に神経痛を引き起こしたため、最近になって椎間板切除術を受けたという。ウッズにとっては2017年に背中の手術を受けて以来5回目の手術となる。

声明では、手術は成功、完全な回復が見込まれるとし、ウッズは「トレーニングを開始するのを楽しみにしており、ツアーに戻ることに集中している」と述べた。

ウッズは、ツアー最多の通算82勝でサム・スニードと並んでいる。83勝目をかけて出場を予定していた「ファーマーズインシュランスオープン」は過去7勝(開催地のトーリーパインズGCでは8勝)と得意としていた。