◇欧州男子◇オメガ ドバイ デザートクラシック 事前情報◇エミレーツGC(UAE)◇7353yd(パー72)

2021年シーズンの第2戦は前週の「アブダビHSBC選手権」に続いて中東のアラブ首長国連邦で行われる。28日(木)に始まるドバイでの一戦も、米ツアーでプレーするトッププレーヤーが参加する強豪フィールドになった。

前年はルーカス・ハーバート(オーストラリア)がクリスティアン・ベゾイデンハウト(南アフリカ)との2ホールにわたるプレーオフを制してツアー初勝利を飾った。同大会は通算9アンダーがトップだったが、19年にブライソン・デシャンボーが24アンダーをマークするなど、例年20アンダー前後が優勝スコアになっている。

開幕戦優勝で世界ランキングを自己最高の5位に上げたティレル・ハットンをはじめ、トミー・フリートウッド、ジャスティン・ローズらイングランドの実力者が軒並み参戦。李昊桐(中国)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ら歴代勝者も出場を決めた。

日本勢はツアーメンバーの川村昌弘が中東で連戦中。昨年10月にプロ転向した金谷拓実が主催者推薦で出場、2週前の「ソニーオープンinハワイ」以来の新年2試合目を迎える。