◇欧州男子◇オメガ ドバイ デザートクラシック 最終日(31日)◇エミレーツGC(UAE)◇7353yd(パー72)

首位で出た43歳のポール・ケーシー(イングランド)が「70」で回り、通算17アンダーで逃げ切って優勝した。後続に4打差をつける圧勝で、2019年9月以来のツアー通算15勝目を挙げた。

金谷拓実は5バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算8アンダー。22位から9位に順位を上げて大会を締めくくった。プロとして初参戦の欧州ツアーでいきなりトップ10入りを果たし、2試合目の次週「サウジインターナショナル」に向けて弾みをつけた。

通算13アンダーの2位にブランドン・ストーン(南アフリカ)。ロバート・マッキンタイア(スコットランド)が通算12アンダーの3位に入った。