2009年 19歳のマキロイが念願のプロ初勝利

UAE・ドバイで行われた欧州男子ツアー「ドバイデザートクラシック」(エミレーツGC/パー72)最終日、19歳のロリー・マキロイ(北アイルランド)が通算19アンダーで逃げ切り、ツアー初優勝を挙げた。

初日からサスペンデッドが続いた大会。1.5ラウンドを残した最終日を暫定首位で出て、最終ラウンドは2位に2打差の単独首位からスタートした。3連続バーディと好発進も、5番でダブルボギー、8番でボギーとスコアを伸ばせず。9番から13番(パー5)まで5連続バーディで盛り返したが、15番(パー3)から痛恨の3連続ボギーを喫して、8バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「70」。後続を辛くも1打差で振り切った。

世界アマチュアランキング1位などの実績を引っさげて07年にプロ転向。長髪姿の若武者は、プロ初優勝が目前に迫ってプレッシャーになったことを認めつつ、「素晴らしいアップダウンで勝利を手にすることができたのは良かった」と安堵。「ジャスティン・ローズ、ポール・ケーシー、ヘンリック・ステンソン、セルヒオ・ガルシア、マルティン・カイマー、コリン・モンゴメリーらがそろったフィールドを抑えて優勝できたことは、自分にとってより満足のいく勝利となった」と振り返った。