米女子ツアー(LPGA)は8日、プレーヤーミーティングを通じて出場規則に関する改定を決めた。米ゴルフウィークなどが報じた。2019年「全英女子オープン」で優勝した渋野日向子のようにツアーメンバーでない選手がメジャーで優勝した場合に付与される、今後の権利が見直された。

今季からメジャーを制した選手は、ノンメンバーであってもツアー登録を行えばすぐに米女子ツアーの5年シードが与えられ、優勝翌週の大会にも出場が可能になる。また、年間のポイントレースにおいても優勝大会で得たものが加算されるようになった。ツアーメンバーとしてメジャーで勝った選手と同等の扱いになる。

昨季まではノンメンバーがメジャー制覇で得られるシードは2年だった。規定改定前の昨年「AIG女子オープン(全英女子)」を制したソフィア・ポポフ(ドイツ)、「全米女子オープン」優勝のキム・アリム(韓国)のシードは22年末までで、昨季最終戦「CMEグループ ツアー選手権」にはポイントが足りず出場できなかった。

昨年の「AIG」の直後は、“5年”が通例になっている米男子ツアーの選手たちからLPGAのルールに対する批判の声も上がっていた。

なお、19年にメジャー制覇を達成した渋野は当時メンバー登録を行わなかった。

プレーヤーミーティングでは、新型コロナウイルス拡大防止の観点から昨年より認められていたセルフプレーの禁止、スロープレー対策のための計測の強化をいずれも3月下旬の「キアクラシック」から実施することなどを確認した。