◇世界選手権シリーズ◇WGCワークデイ選手権 2日目(26日)◇ザ・コンセッションGC (フロリダ州)◇7474yd(パー72)

35位で出た松山英樹は前半インを1イーグル4バーディ、1ボギーの「31」(パー36)と5つ伸ばし、通算5アンダーとして後半に入った。

2mにつけた出だし10番でバーディ発進を決めた。グリーン手前まで運んだ12番でさらに伸ばすと、残り69ydから直接入れた13番(パー5)でイーグルを奪い、ウェッジを持った左手を掲げて喜んだ。

15番でボギーを喫したが、1.5mに寄せた16番でバウンスバックした。2オンした17番で2連続バーディとした。

11ホールを終えたキャメロン・スミス(オーストラリア)が通算9アンダーで首位に立っている。

稲森佑貴は前半アウトを1バーディとし、通算イーブンパーとしている。