◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 事前(2日)◇琉球GC(沖縄県)◇6561yd(パー72)

前日1日に結婚を発表した渡邉彩香が2021年初戦開幕に向けて意気込みを語った。20年開幕戦「アース・モンダミンカップ」で5年ぶりの優勝を飾り、獲得賞金ランキング5位(6025万9965円)の好位置から新たな一年をスタートさせる。

お相手の柔道家・小林悠輔さんは埼玉栄高の同級生。交際に発展したのは「5年ぐらい前から」と明かす。結婚の話題は以前から出ていたそうだが、「ここ数年自分の調子が悪かったので、なかなかそういう気持ちにもなれなかった。『もう一回勝ちたい』という気持ちはありました」。復活の手応えも背中を押してくれたという。

各地を転々とするプロゴルファーだけに、今後の人生設計も気になるところ。「(夫と)いろいろ話したりしているんですけど、もう少し自分で達成したい目標がいくつかある。『子どもを産んでからでもいいんじゃない』とも言ってくれて、前は考えていなかったけれど、そういうのもあるのかな」

オリンピックや海外メジャーといった大舞台での活躍を目指す決意は変わらない一方、家族としての幸せにも思いを巡らせている。

3カ月のオフ期間では昨年の反省も踏まえ、パッティングとショートゲームに注力して取り組んできた。「初戦なので、やり切ることを大事にしたい。私らしい距離を生かしたアグレッシブなプレーも。最後までしっかり賞金女王争いにも加わりたい」としっかり上を見据える。

結婚指輪については「指輪はまだできてないんです…今月下旬にはできるかと」と照れ笑い。「今回、こうして注目していただけるので、相手にもいい報告が出来るように優勝目指して頑張りたい」と意気込んだ。