◇東京五輪 事前情報(25日)◇霞ヶ関CC(埼玉県)◇男子7447yd、女子6648yd(パー71)

松山英樹、星野陸也、畑岡奈紗、稲見萌寧の日本代表4選手。さらに丸山茂樹と服部道子の両コーチを含めたチームジャパンが25日、ゴルフ競技の会場となる霞ヶ関CCで顔をそろえた。

個人競技のゴルフとはいえ、オリンピックでは全員が同じユニフォームを着用して、キャディバッグも「JAPAN」のロゴの入ったもので統一している。日本代表として力を合わせながら、日本ゴルフとして初めてのメダル獲得に挑んでいく。

この日、丸山ヘッドコーチは松山のアウト9ホールの練習ラウンドに帯同。服部コーチも畑岡と稲見がともに回った練習ラウンドに帯同するなど、精力的に選手たちをサポートしている。

丸山ヘッドコーチは「たぶん、このコースだとハイスコア(スコアが出る)という想定。(松山)英樹はいつも『ハイスコアがあまり好きじゃない』と言うし、我慢して、ショットでこらえてというのが彼の醍醐味。そこは懸念材料のひとつ」という一方で、「(星野)陸也に関しては、思い切りのあるゴルフだし、ドライバーもしっかり振れる。どっちに出るかわからないけど、良い方に出るんじゃないかな」と、各選手のプレースタイルをもとに戦況を予測した。

日本のエース・松山に関しては、新型コロナウイルスから復帰したばかりという点も不安材料のひとつだが、「(コロナから復帰して全米オープンを制した)ジョン・ラームのようにポンと勝てることもあるし、一概には(マイナスとは)言えない」と指摘。「(メダル獲得に)期待してもらわないと困るし、それに応えるのが我々の仕事。結果はさておき、それに向かってどれだけ頑張れるかという姿を見せられるのが大事だと思うので、僕らは全力でサポートするだけです」と、まずは4日後に迫った男子開幕を見据えた。(埼玉県川越市/今岡涼太)