◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目(27日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72)

上位にビッグスコアが並んだ2日目。8バーディ、1ボギーの「65」をマークしたツアー通算25勝の全美貞(韓国)が通算11アンダーの単独首位に浮上した。ともに7バーディ、1ボギーの「66」でプレーした稲見萌寧と藤田さいきが通算9アンダー2位で並んだ。

全にとって北海道は初優勝を遂げた思い入れ深い場所(2006年「Meijiチョコレートカップ」)。ツアー通算25勝と様々な舞台で白星を挙げてきたが、「一番好きです」という。

この日は出だし1番から17mのバーディパットを沈めて流れを作った。「パッティングが良かった。1Wのミスは9番での1回ぐらいで、ショットも悪くない」。最終18番ではチップインバーディと締めも最高の形で終えた。「昨日、今日のように明日もショットに気をつけてプレーしたいです」と2017年以来の優勝に向けて意気込んだ。

通算8アンダーの4位には勝みなみと鶴岡果恋の2人。通算7アンダーの6位に山下美夢有がつけた。通算6アンダーの7位に工藤遥加、阿部未悠、山路晶、金田久美子の4人が続いている。

初日首位発進を決めた三ヶ島かなは、スコアを伸ばせず通算5アンダーのまま11位に後退。3週連続優勝を目指す小祝さくらは、通算2アンダーの26位とした。