◇米国男子プレーオフ第2戦◇BMW選手権 2日目(27日)◇ケイブスバレーGC(メリーランド州)◇7542yd(パー72)

上位30人による最終戦進出をかけたプレーオフ第2戦は悪天候のため1時間46分の中断を挟み、15人が第2ラウンドを完了できなかった。

ホールアウトした選手では19位スタートのブライソン・デシャンボーが2イーグル8バーディで圧巻の「60」をマーク。通算16アンダーで一気に暫定首位まで浮上した。

「63」のパトリック・カントレーが1打差。初日首位の世界ランキング1位ジョン・ラーム(スペイン)が3ホールを残して同じく15アンダーとしている。

最終戦「ツアー選手権」(ジョージア州イーストレイクGC)進出圏外の選手も奮闘。イム・ソンジェ(韓国)と並ぶ12アンダー暫定4位タイにつけるセルヒオ・ガルシア(スペイン)、11アンダー暫定6位のハドソン・スワッフォードはいずれもポイントレース40位台から逆転での滑り込みを目指す。

初日首位タイのロリー・マキロイ(北アイルランド)は「70」と伸ばしきれず、10アンダー暫定8位に後退した。

7位から出た松山英樹は1イーグル4バーディ、3ボギーの「69」。通算8アンダーは暫定15位となっている。

第2ラウンドの残りは28日(土)の午前8時30分に再開予定。第3ラウンドは午前10時40分以降に1番と10番ティを使い、3サムで行うとしている。