◇米国男子プレーオフ第2戦◇BMW選手権 最終日(29日)◇ケイブスバレーGC(メリーランド州)◇7542yd(パー72)

松山英樹は3バーディ、1ダブルボギーの「71」でプレーし、通算9アンダーで終えた。ホールアウト時点で45位前後。ポイントランキングは16位から22位前後に後退するものの、8年連続で最終戦に進出する。

2オンした4番(パー5)、3mにつけた5番で連続バーディを決めた。グリーンまで4打を要した8番でダブルボギーを喫した。

2.5mにつけた17番(パー3)をバーディとした。

6番を終えた最終組のパトリック・カントレーが通算25アンダーの首位、ブライソン・デシャンボーが24アンダーで続いている。