◇国内シニア◇コマツオープン2021 2日目(10日)◇小松CC(石川)◇6929yd(パー72)

今季2勝目を目指す井戸木鴻樹とツアー初優勝を目指す清水洋一が「66」で回り、4位から通算10アンダー首位に浮上して最終日に臨む。

井戸木は7月「ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント」以来となる優勝がかかる。同大会は最終日に清水が首位で出て、井戸木が「63」をマークし逆転。優勝を手繰り寄せた。

清水は「優勝を狙ってと言うと、いつも3位、4位になってしまうので2位狙いで。井戸木さんがいいショット、いいパットをしているのでいいイメージで回れる。ついていけるようにしたい」と意気込んだ。

1打差3位にグレゴリー・マイヤー。通算8アンダー4位に手嶋多一と羽川豊が並んだ。

首位から出た伊澤利光は「72」で通算7アンダー6位。日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘は通算3アンダー20位につけた。

前回2019年大会覇者のタワン・ウィラチャン(タイ)は通算2アンダー26位で2日目を終えた。