◇国内女子◇住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 初日(17日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6502yd(パー72)

大里桃子がボギーなしの6バーディ「66」で回り、6アンダー単独首位スタートを切った。2週前の「ゴルフ5レディス」に続く首位発進で5月「ほけんの窓口レディース」以来となる今季2勝目を狙う。

仲宗根澄香が2打差2位。前週「日本女子プロ選手権」をはじめ今季8勝で賞金ランキング1位の稲見萌寧は3バーディ、ノーボギーの「69」。3アンダーは植竹希望、菊地絵理香、黄アルム(韓国)と並ぶ3位タイで上々の滑り出しとなった。

稲見と同組で回った19年大会優勝の渋野日向子は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、有村智恵、6月のプロテストをトップ通過した佐久間朱莉らとともに2アンダー7位につけた。

上田桃子、原英莉花、西郷真央らがイーブンパー22位。鈴木愛、横峯さくら、大山志保らが1オーバー35位。

ディフェンディングチャンピオンの古江彩佳は「74」。勝みなみ、堀琴音、アマチュアの梶谷翼(滝川第二高3年)、尾関彩美悠(作陽高3年)らと同じ48位で初日を終えた。

賞金ランク2位の小祝さくらは5番(パー5)のトリプルボギーなど「79」をたたき、7オーバー95位と大きく出遅れた。