◇米国男子◇フォーティネット選手権 最終日(19日)◇シルバラードリゾート&スパ (カリフォルニア州)◇7123yd(パー72)

7打差32位から出た松山英樹はボギーなしの1イーグル4バーディ「66」で回り、通算13アンダーとして2020−21年シーズン初戦の72ホールを終えた。

2オンに成功した5番(パー5)でバーディ先行を先行させた。後半12番でセカンドをピンそば90㎝に絡めて2つ目のバーディ。パー5の16番、2打目を1mにつけた17番と連続バーディを奪うと、18番(パー5)は3.5mを沈めるイーグルで締めくくった。

ホールアウト時点で首位と1打差で5人が並ぶ3位タイ。クラブハウスリーダーとなっている。

ツアー未勝利で最終組をプレーするマーベリック・マクネリ、サンデーバックナインに入ったマーク・レイシュマン(オーストラリア)が14アンダーで首位に並んでいる。