◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 2日目(9日)◇東名CC(静岡)◇6592yd(パー72)

アマチュアの佐藤心結(さとう・みゆ/茨城・明秀学園日立高3年)が1イーグル3バーディ、2ボギーの「69」でプレー。小祝さくら、この日のベスト「66」をマークした工藤遥加と並び、通算8アンダーの首位に浮上した。ツアー史上8人目のアマチュア優勝を狙う。

小祝は「アイアンショットがいい感じだった。あとは自分のベストを尽くすだけ。パットのフィーリングも良くないといけないが、逃げずにゴルフをしたい」と意気込んだ。

最終日に警戒するのが、2日連続でボギーを叩いている10番(パー3)。「(ハーフターンの)休憩が長いのでリズムが崩れていた。10、11、12が難しい」。8月「CAT Ladies2021」に続くツアー7勝目へはショットの安定感が鍵を握りそうだ。

通算7アンダー4位に今季4勝の西村優菜。

28位で出た渋野日向子は6バーディ、1ボギーの「67」でプレーして通算6アンダー5位に浮上し、山下美夢有、西郷真央、大里桃子と並んだ。

前回大会覇者の稲見萌寧は「71」とし、通算5アンダー9位で最終日を迎える。

首位発進した臼井麗香は「74」とスコアを落として、通算4アンダー12位に後退した。

今大会のホステスプロの金田久美子は通算4オーバー83位、昨季賞金女王の鈴木愛は5オーバー88位、原英莉花は6オーバー95位で予選落ちを喫した。